誇るべき日本文化、その諸能の原点を知る

押されても倒れない状態をつくる

押されても倒れない状態をつくる

魂合気が利くには、取り自身が受けに押されても大丈夫なしっかりした立ち方、あるいは座り方をすることが大切です。
受けに押しこまれるのは、気が十分に流れていないことがあります。気が流れていないときは術も利かないのです。

しっかりさせるには、気の軸が立つことも大切です。この軸を正中線と言います。
姿勢が同じであっても、正中線が有ると無いとでは、明らかに違います。
この違いを、知りましょう。

しっかりとした姿勢を感じる

 立っても座ってもいいのですが、とりあえず正座で座ります。パートナーは、この上腕に触れて真横に押してみて、このときの、しっかり具合を覚えておきます。

画像の説明

同じ姿勢でも、正中線があると、しっかりすることを知りましょう。
座った人は、「正中線」と、言葉を発します。言葉は言霊ですから、明瞭さが大切です。
パートナーは、先ほどと同じ力で押してみます。言葉を発しただけで、「こんなにも強くなるのか」と、押してみたときに分かります。
押される人も、「しっかりと芯が立っていて押される感じがしない」と感じます。
この状態を体で覚えておけば、合気上げでも、腕を取らせて転がすことも、簡単なのです。

話題を切り替えますが、このようにしっかりして、とても力では転がせない状態の人を転がすことも術の面白さです。
それには、優しい気でむすぶことです。すると、一体となりますから、自分の体を動かすのと同じで、力を入れる感じがなく転がすことができます。

矛と盾の強さ比べる矛盾ということわざを思い出しますが、力で倒れない状態に座った人を、術で転がす。これは面白いでしょう。
体で納得することが大切です。姿勢をしっかりさせる方法は、他にも色々あります。
追って書き加えていきますので、これはと思う方法で、会得してください。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional