誇るべき日本文化、その諸能の原点を知る

風帆の歩きができると魂合気が利く理由

風帆の歩きができると魂合気が利く理由

風帆の歩きは鼠径部(股関節)が弛むこと。常に片足立ちでいられること。これはとても優れた体の状態なのです。
風帆の歩きができれば、魂合氣も自在に利きます。この理合を説明いたしましょう。  

皆さんは、正中線というと、両足で立った真ん中に立ち上げた垂線の上にへそや鼻がくるイメージを持っていると思います。
この立ち方では、体の力みは、半分しか抜けないのです。
両足で立つと、ふんばる癖がでてしまい鼠径部が弛みません。
片足で立つと鼠径部が弛みます。
鼠径部が弛むのでうまく立てるのです。

正しく立つには、片足から垂直に立てた線上に、へそや鼻がきます。
できれば、足先は使わずに踵のみで立ちます。
すると、フラフラするように感じますが、これで体が弛むので魂合気が利きます。
魂合気は、受けが腕をつかんだときには、受けのバランスは不思議にも崩れているのです。
バランスが崩れるので、後は小さな動きで受けを転がすことができるのです。

立つとき、歩くとき、座るとき、様々なしぐさに共通して大切なことは、鼠径部を弛め、鼠径部を張らないことです。
「鼠径部を弛めた」と、思うだけでも効果はあります。

鼠径部が弛むと、手は手先ではなく肩から動き、足は足先ではなく鼠径部から自然に動くようになります。とはいえ最初は、手も足も根元から動かすように意識しないと、今までの癖がでて、手先や足先から動いてしまいます。

鼠径部が弛むと、体の力みが無くなり、大量の氣が循環します。すると、いろいろな効果が出てきます。むすびも自然にできます。そこで、氣で転がす魂合氣ができるのです。

普段でも動きがなめらかに見えるのは、足も、手も、腰も、どこも踏ん張っていないからです。風帆の歩きで、この踏ん張らない感覚を、体得しましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional